【親子の悩み】改善のカギは自己理解!【心を育むコミュニケーション】

【親子の悩み】改善のカギは自己理解!【心を育むコミュニケーション】
  • 「子どもが言うことを聞いてくれない…」
  • 「このまま大人になると思うと不安…」
  • 「子どもとの関係がギクシャクしはじめた…」
  • 「子どもが何を考えているのかわからない…」
ケイシン
ケイシン

子どもの将来を心配しているからこそ、子どもとのコミュニケーションで悩んでいませんか?

実は親子のコミュニケーションを改善するための方法があります

それは自分のコミュニケーションスタイルを理解することです

なぜならコミュニケーションスタイルを理解することで、親子であっても個性が違うことを理解できるからです

ケイシン
ケイシン

コミュニケーションで悩む多くの理由は、自分と相手の価値観が違うことが理解できないからではないでしょうか?

コミュニケーションスタイルを理解することで自分だけでなく子どもの個性も理解することができるようになります

自分を知る
他人から見た本当の自分を理解することで、相手に与える印象を知ることができる
相手を知る
自分と相手の違いを視覚的に明確にすることで、自分とは異なる相手の価値観や行動を受け入れられるようになる
ケイシン
ケイシン

私はコミュニケーションがうまくいかないのは子どもや自分の何かが悪いのではなく、ただ自分と子どもの違いを知らないことで生まれるすれ違いに原因があることがわかりました

この記事では子どもとのコミュニケーションを改善するための具体的な方法を教えます

この記事を読むとあなたの自身の内面を知り、子どもの価値観を知り、自分と子どもの違いを知ることで、ずっと抱えていた子どもとのコミュニケーションの問題を解決することができます

結論はACS個性診断を受けて、自分のコミュニケーションスタイルを可視化するだけです

ケイシン
ケイシン

自分と子どもの違いを理解できると、コミュニケーションが改善されます

ACS個性診断
Analysis of Communication Structure(コミュニケーションスタイル構造分析)
「個性論」という考え方のもと、日本心理学会で発表している科学的根拠のある心理テスト
「発想パターン」をグラフ化することが特徴

この記事でわかること

  • 親子のコミュニケーション改善方法
  • 親子のコミュニケーションがよくなるメリット
  • コミュニケーションスタイルを可視化する方法

親子のコミュニケーションが大事な理由

ケイシン
ケイシン

はじめに、親子のコミュニケーションが大事な理由について一緒に考えていきましょう

親子のコミュニケーションって?

ケイシン
ケイシン

親子のコミュニケーションと聞いてどんなことを思い浮かべますか?

  • 今日あった出来事について会話する
  • 一緒に遊ぶ
  • 絵本を読み聞かせる
ケイシン
ケイシン

このほかにももっと多くのことをイメージすることができると思います

共通することはある一つの出来事や物事について、お互いの気持ちを共有することです

つまり親子のコミュニケーションで必要なことは、同じ時間を過ごすだけでなく、同じものを見てお互いを感じあうことです

調査結果から見る親子の関係性

株式会社スタジオアリスが2021年6月に全国の小学生の子どもを持つ男女500人を対象に「小学生の親子関係に関する調査」を実施しました

この調査結果では、調査対象の4割の親が子どもとのコミュニケーションが減っていると感じているとの報告があります

また、約半数がコロナ以降「親子げんかが増えている」と感じていることが明らかになりました

コロナ禍による親子げんかをする機会が増えたか
約半数が「増えた(6.2%)」「どちらかといえば増えた(42.8%)」と回答
コロナ禍によるリモートワーク中、子どもにイライラした経験があるか
54.2%が「ある(20.9%)」「どちらかといえばある(33.3%)」と回答
親子げんかの頻度
「月1回以下(42.4%)」「週1回(12.6%)」「毎日(10.6%)」と続く
ケイシン
ケイシン

調査結果から多くの親が子どもとのコミュニケーションで悩んでいることが想像できます

ケイシン
ケイシン

もう一つ調査結果を紹介します

同じく株式会社スタジオアリスが全国の小学生の子どもを持つ男女400名と、中学生の子どもを育てた経験のある男女100名の合計500名を対象に実施した「小学生の卒業と家族時間に関する調査」によると、小学校高学年以降、約2人に1人が家族で過ごす時間が減少していることが判明しました

ケイシン
ケイシン

主な原因は塾や習い事、友人関係です

子どもが小学校高学年になって以降、中学に入学するまでに、家族で過ごす時間が減っているか
約2人に1人が「感じる(18.8%)」「どちらかといえば感じる(29.2%)」と回答
家族で過ごす時間が減っている理由
「塾や習い事に通い始めた(59.6%)」「子どもが友だちと遊びに行く機会が増えた(50.8%)」が挙げられる

親子で過ごす時間が減っている

ケイシン
ケイシン

調査結果からもわかるようにコミュニケーションで課題を抱えている親子は多いです

では、なぜ親子のコミュニケーションが問題になってきているのでしょうか

それは、主に次の2つの理由から親子で過ごす時間が減ってきているからです

親子で過ごす時間が減っている理由

  1. 労働時間が長時間
  2. エンターテインメントの増加
労働時間が長時間
厚生労働省が発表の「令和2年版厚生労働白書」によると、男性雇用者と無業の妻からなる世帯(専業主婦世帯)に比べ、雇用者の共働き世帯は年々増加しています
エンターテインメントの増加「令和2年版厚生労働白書」

共働き世帯の増加による労働時間の長時間化で、親子で過ごす時間が少なくなっています

エンターテインメントの増加
「小学生の卒業と家族時間に関する調査」によると「子どもが一人でスマホを見る時間が増えた(33.3%)」とあるように、エンターテインメントが増加しています

今までは家族みんなでテレビを見る文化が根付いていましたが、YouTubeやSNS、Netflix、スマホゲームなどで楽しむ選択肢が増えたことで、家族とのかかわり方が少しずつ変化しています

親子の違いを理解する具体的な方法

ケイシン
ケイシン

ここまで親子のコミュニケーションについて解説してきました

親子のコミュニケーションの大切さについては理解しているけど、それでもうまくいかないからこそ悩んでいる方も多いのではないでしょうか

そんな方には、まずは自分自身をありのままに受け止めることをオススメします

親が子どもとのコミュニケーションにおいて、自分の得意なことや苦手なことを理解することで子どもと関係性が改善されるからで

ケイシン
ケイシン

そこでオススメしたいのがACS個性診断です

ACS個性診断について詳しく解説していきます

ACS個性診断とは?

ACS(Analysis of Communication Structure)個性診断は、「個性論」という考え方のもと、日本心理学会で発表している科学的根拠のある心理テストです

(参照:一般社団法人 コミュニケーションクオーシェント協会)

ケイシン
ケイシン

「できるけど、本当はしんどい・・・」という心の底の部分を分析し、心理カウンセリングを可能にするのがACS個性診断です

120問の質問項目に答えて、「充実性」「会話性」「交流性」「幸福性」「表出性」「共感性」「尊重性」「融和性」「開示性」「創造性」「自主性」「感受性」の12尺度からあなたを表したグラフを作成します

  • あなたの「強み・弱み」は何なのか
  • 何が「ストレス要因」になっているのか
ケイシン
ケイシン

客観的な診断から、親子の関係性の中でどのように対応するべきかが明確になります

ACS個性診断の特徴

コミュニケーションの基本となるのが個人間の相互理解です

個人間の相互理解
  1. 自分の思いをしっかりと伝える
  2. 他人の思いを正確に受けとめる
ケイシン
ケイシン

個人間の相互理解はこれらの2つの要素で考えられます

この2つの要素は、人によって得意なこと・苦手なことがあります。

このコミュニケーションの力を、心理テストの結果からグラフ化・可視化するところがACS個性診断の大きな特徴です

ケイシン
ケイシン

ACS個性診断から導き出されるグラフには良い・悪いはありません

テスト結果がグラフ化されるので、「大きいグラフがいい」「小さいグラフが悪い」と考えがちですが大きいグラフの人が得意な場面もあれば、小さいグラフの人が得意な場面もあります

ケイシン
ケイシン

それぞれの活躍の場所が違うだけで優劣はなく「みんなちがってみんないい」の考えです

ACS個性診断を受けるメリット

ケイシン
ケイシン

ACS個性診断をする最大のメリットは自分のことを客観的に視ることができることです

子どもの可能性を引き出すためには、親自体の自己基盤が整っている必要があります

ケイシン
ケイシン

そのためにまずは自分を知ることが大切です

自分を知る
  • 他人から見た本当の自分を理解できる
  • 自分が子どもに与える印象を知ることができる
ケイシン
ケイシン

自分のことを知ることで子どものことを知ることができます

子どもを知る
  • 自分と子どもの違いを視覚的に明確にする
  • 自分とは異なる子どもの価値観や行動を受け入れられるようになる
ケイシン
ケイシン

さらに自分のコミュニケーション構造のパターンを知ることで3つのメリットがあります

3つのメリット

  1. 自己理解が深まる
  2. 他の人の考えや気もち、価値観や行動が理解できるようになる
  3. 対人関係のストレスが軽減される

自分の長所と短所が明確に意識化され、自分が人間的に成長する道筋が具体的に理解できるようになるので、自己理解が深まります

他の人との関係を良くするために、どのように接すれば良いのかがわかるので、他の人の考えや気持ち、価値観や行動が理解できるようになります

それによって、人間関係で悩むことが少なくなり、対人関係のストレスが軽減されるます

ケイシン
ケイシン

子どもとのコミュニケーション改善のためにも、ぜひ一度ACS個性診断をお試しください

ACS個性診断お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

親子のコミュニケーションがうまくいくことの効果

ここまで、親子のコミュニケーションが変わってきていることについて紹介してきました

ここからは親子のコミュニケーションがうまくいくことで得られる効果について解説していきます

ケイシン
ケイシン

親子のコミュニケーションがうまくいくことで得られる効果は次の3つ

親子のコミュニケーションの効果

  1. 子どもの自己肯定感が高まる
  2. 子どもたちが自信や自立心を持つようになる
  3. 子どもが失敗を恐れずに積極的にチャレンジするようになる
ケイシン
ケイシン

それぞれ詳しく解説していきます

子ども自己肯定感が高まる

子育てをしていると、「自己肯定感」という言葉を聞く機会が多くります

自己肯定感が高い状態というのは、常にポジティブで自信に満ち溢れた状態でなくてはならないというわけではありません

自分には強みも弱みもあるけど、「それも含めて自分自身」だとありのままの自分を受け入れている状態です

ケイシン
ケイシン

子どもたちの自己肯定感を高めるために必要なことは、無条件で誰かに愛されることです

親子のコミュニケーションがうまくいくことで、子どもは親から愛されていると感じることができ、自己肯定感が高まります

子どもが失敗を恐れずに積極的にチャレンジするようになる

ケイシン
ケイシン

親からありのままを受け入れてもらえる子どもは、失敗を恐れずにチャレンジすることができるようになります

失敗しても自分のことを受け入れてくれる親の存在があるからので、子どもは自分に自信を持つことができるようになるのです

自信があるからチャレンジする意欲がわき、さらに失敗しても、その失敗も受け入れてくれる親の存在が大きな支えになります

子ども自身も失敗を「そんなこともあるよね」と受け入れることができるようになり、どんなことにも積極的にチャレンジしていく力が身に付きます

ケイシン
ケイシン

親子のコミュニケーションが子どもに自信を与えるきっかけになります

他人の存在を認めることができる

親子のコミュニケーションがうまくいくと、子どもは「自分は自分のままでいい」と受け入れることができます

ケイシン
ケイシン

これは「他者も他者のままでいい」と思うことにつながります

他者からどう見られているかを気にすることがなくなるため、他者と比較することがなくなります

他者と違いはあって当然ですが、違いすら認めて他者の存在自体を尊重することができるようになります

まとめ|親子の違いを理解するためにACS個性診断を受けよう

今回の記事では、子どもの将来を心配しているからこそ、子どもとのコミュニケーションで悩んでいる方に向けて、親子のコミュニケーションを改善する方法を解説してきました

親子のコミュニケーションを改善する方法

自分のコミュニケーションスタイルを理解すること

ケイシン
ケイシン

具体的な方法はACS個性診断を受けることです

ACS個性診断を受け、コミュニケーションパターンを知ることによるメリットは次の通り

ACS個性診断のメリット

  1. 自己理解が深まる
  2. 他の人の考えや気もち、価値観や行動が理解できるようになる
  3. 対人関係のストレスが軽減される
ケイシン
ケイシン

親子のコミュニケーションがうまくいくことで子どもたちにもこんな未来が待っています

親子のコミュニケーションの効果

  1. 子どもの自己肯定感が高まる
  2. 子どもたちが自信や自立心を持つようになる
  3. 子どもが失敗を恐れずに積極的にチャレンジするようになる

ACS個性診断を受けて、自分のコミュニケーションスタイルを可視化すると、自分と子どもの違いを理解できるようになり、コミュニケーションが改善されます

さらに、自分を認めることで他者も認めることができるようになります

ケイシン
ケイシン

親子のコミュニケーションが子どもの人格形成に深くかかわってくるのです

子どもの将来のためにも、一度ACS個性診断を受けてみませんか?

ケイシン
ケイシン

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA